おやすみなさい。良い夢を。


by yuko-capricious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

JUNK!JUNK!JUNK!∞2006 ~その3 私の後夜祭~

終演後、私は荷物を取りに、
Mっちはビールを買いに、
たけみつさんはありぞうさんを探しに、ちょっとだけ別行動。

荷物を取りにいった私は、なななんとマヨちゃんに会った!!
マヨちゃんとも、昨年のJUNK!で初めて会ったんだよね~♪
今年も会えました♪

え!?フジは最前で観たの!?
さすがマヨちゃん!!そうだろうと思って、フジの時
キョロキョロしてたんだよ~♪だはは!

すぐにマヨちゃんとはお別れ。
今度はゆっくり逢いましょう。昼に逢いましょう(←言いたかった。
もちろん夜でもいつでも逢いましょう!)

そして、お世話になった倶知安の方のお店でビールを買い、
たけみつさんとありぞうさんのいるトコへ走る。

おお!いたいた!ありぞうさん、はじめまして!!

ありぞうさんは言った。
「泊まるホテル、変わっちゃった。○○ホテルになった」

…え!?○○ホテル!?

私、同じホテルだよーーーっ!!
きゃー!!こりゃ、今夜も楽しい事になりそうだぜっっ!!!

ありぞうさんはすぐにツアーバスに乗らなきゃいけない。ってことで、
しばしお別れ。

そして、たけみつさんは札幌へ向かうという。。。

楽しい時間を過ごすと、その後が寂しいものです。
さて。どーやってたけみつさんを引き止めようか?(笑)

でも、無念。それは無理だよねぇ。
なので、せめてたけみつさんが無事に札幌に到着できるよう、
地図とにらめっこしつつ、私の知ってる限りの道順を搾り出してみる。

そうして再会を約束し、たけみつさんとお別れです。
「気をつけて走るんだぞぉぉぉぉ~~~!!」

そして私とMっちはニセコのホテルへと向かったのであります。
途中、ありぞうさんより
「やっぱり同じホテルだった!」とメールあり。

ふふ…。そんなメールをくれるなんて!!
覚悟は出来てるんだね…ふ…(え?なんの!?・笑)

ホテル到着し、お部屋にありぞうさんをお招きし、
各自持参のビールを飲む。後夜祭の始まりです!!

とても人見知りなMっち。
いやいや、私の方が人見知りだ!(ここでも張り合ってみる^^;)
でも、この勝負私の負けだ!もしくはドローだ!
気さくなありぞうさんを前にし、
私もMっちも人見知り病は発症せず、すでに和気藹々!(←こう書くのか。)
もう10年前からの友達気分で、心はウキウキです。

ではでは、山を下りましょう。
と、向かうはさっきまでいた倶知安町!!
倶知安のとある焼肉屋さんへ!!!
テッチのサインがある、おいしい焼肉屋さんがある!
という情報を町民の方にいただいていたので、
そこに行きました♪

そんなに大きくない店内は、すでにお客さんでいっぱい。
マスターさん「相席…なんて嫌ですよねぇ?」と。

いいえ。全然平気です!(キッパリ!)

ってことで、すぐに席につけました♪

そこからはもう、すごいよっっ!!
何がすごいか気になる???
んじゃ、そこのあなたも来年のJUNK!の後は一緒に飲もうよ!!(笑)

ありぞうさんは江戸っ子だそうで、
私は自分の持ってる、全ての江戸知識を出してみました。
ああ、私、全然江戸を知らない…^^;

ま、道産子だし、しゃーないか!ま、飲もうぜ!!!

肉はブ厚くて旨いし、ビールは旨いし、
楽しい仲間が集っているし、
すんげー幸せ☆
途中、たけみつさんから「無事に札幌についた!」と連絡あった!よし!
もう飲みまくりだ!じゃ、もう1杯。もう1杯…
はっ!またやってもうた!!!

たらふく飲みまくり、
ありぞうさんにからんだり、記念撮影会を始めたりと
楽しみ放題でした^^;そして記憶は…。うはははは!!!

そうして、またも楽しい夜は更けるのでした♪

ホテルに帰り、エレベーターでありぞうさんとはお別れ。
再会を約束し…。

部屋に戻り、Mっちと飲む。
はずが、まさにバタンキュー!あっというまに朝になり、
鯉を見ながら露天風呂。

アルコールを抜いて、そば食って家路へと向かった、
そんな私のJUNK!旅でした♪

昨年もそうだけど、
JUNK!ではいろんな出会いもあって、
今年もステキな、大切なイベントになりました♪
来年も再来年も、これからも開催して欲しいなぁー!!

今回出会ったみなさん、
今回も一緒にいてくれたみなさん、
これからもよろしくね♪らびゅ☆
今回会えなかったみなさん、来年こそ!!ヨロシクです!
[PR]
by yuko-capricious | 2006-09-20 23:19 | 人生は上々だ