おやすみなさい。良い夢を。


by yuko-capricious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

♪シラフでどこまでもルンルンするぞ

さて、昨日の出来事は脳内で削除し、ツラッと早退した。
目指すは札幌!タワーレコード!!

開始1時間前に到着!
イベント待ちのお客さんは、片手で数えられる程度しかいない。
しかし、ちゃんとステージが組まれ、機材も準備されている。よしよし。
…はーっ!!はるさんがいるじゃないか!!
なんか、機材のとこにいた!しかも、以前このキャンペーンについて
質問したら、Theピーズ?はぁ?みたいな対応だった、あの店員とともに…。
お前~!はるさんの事知らんかったやんけー!くっそー、うらやましいぜ!

その後、はるさん自らマイクチェック!
スピーカーの近くにいた私は、その大声に思わず立ちくらんだぜ。

はるさんへの質問を用紙に記入しつつ、その時を待つ。
徐々に人も集まりだした。そして、もうすぐ開始だよ!っていう挨拶。
…何ィ!!
「今回発売されるアルバムを予約、または旧譜ご購入された方と
ぜひとも握手したいと大木温之が言っていますので、
このイベント終了後、急遽握手会を行ないまーす!」
ひゃっほーい!!まぢですか~!?うほうほ☆



ココのタワレコは、上の階と吹き抜けになっている。
なので、上の階からもステージが見える。
上の階にも人が集まり、いよいよはるさん登場!!
エスカレーターに乗って、上の階から降りてきたっっ!!やっぱりか!
うはははっ!逆走しようとしてるよ!

で、ステージに到着し「赤羽39」に入ってる歌を歌う(タイトルは忘れた)。
私は、最前列でスピーカーの下にいたんだけど、
はるさんが、そのスピーカーにつかまって歌ったもんだから近すぎた…。
目の前にはるさんの胸だよ!満員電車かよっ!
え?何これ?はるさんに触ってもいいのかなぁ?
ちょっと突付く位ならいいかなぁ?なんて考えてみるが、
急に私のパーソナルスペースに入られたもんだから、つい後ずさり。

で、その後は…ははは、すでによく覚えてないや。ごめんなさい。
覚えてる事を適当に書き連ねるよ。

~はるさんの発言~
・札幌のウインズで負けた。でも、東京のウインズと違って
タバコが吸えたので、居心地が良かった。

・今回のアルバムは、ギターの音が素晴らしい。
なので、今回のキャンペーンはバンドではなく、カラオケで歌う

・キャンペーンだなんて、ロックスターがこんなことしちゃいけないってのは
じゅーじゅー承知しているんだ!

~はるさんへの質問と回答~
Q:来年のエゾロックは出ますか?
A:わからん

Q:朝起きて、まず何をしますか?
A:え~?そんなこと急に訊かれても…知らん

Q:ひじきは好きですか?
A:好きです

Q:写真ががおってますが、辛い事でもあったんですか?
A:「がおった」って何?え?なんだろ?若い子の言葉?
(ちなみに「がおる」とは「やつれてる」の意だよね。北海道弁なのかなぁ?)

Q:Theピーズのリーダーはしんちゃんらしいですね?
A:しんちゃんは他のバンドのドラム!ピロウズ!リーダーはオレだー!

Q:北海道で何を食べましたか?北海道の食べ物で何が好きですか?
A:いつもどおり、カロリーメイトとチョコボールしか喰ってない

Q:兄弟仲良くする秘訣は?
A:マージャンで一人勝ちしないこと

Q:美白の秘訣は?
A:美白?今年の夏あんまり外に出なかったからかなぁ?

Q:赤羽39はサンジュウキュウですか?それともサンキュー?
A:そんな!サンキューになんてかけてないよ!恥ずかしいっ!

「今回質問多いねぇ」なんて言いながら、ステージ上ウロウロ…。
歌を口ずさんだり、しゃがんだり、脱ぎ捨てたパーカーで汗拭いたり、
実に落ち着きのない、はるさんだった。あ、いつもか?

んでまた歌う。「イイ声だー!」と自画自賛!
上の階に向かって「パンツ見せやがれってんだー!」
「オレを上から見るなー!」
奥の方を見ながら「アビさーん!どこだー!?…いるわけないし」

とまぁ、そんなドタバタなキャンペーンでしたっ♪実に楽しかった☆
ただ、せっかく観に行ったのに、恥ずかしくなるくらい近すぎて、
よくはるさんを見れなかったのが残念です。

…あ、握手会。あったあった。
私はワクワクでカッパ手になってたので、
握手前にブンブン振ってよく乾かしといた^^;
何か言いたかったけど何も言えんかったよ~。
はるさんを目の前に、何も言葉なんぞ出ん。
アホヅラこいてポカーンと手を出したら、
はるさん「おっ!お疲れ様~!」って握手してくれたよ。ふぅぅぅ~。
ちなみにはるさんの手は、乾いてもいないし、カッパ手でもなく、
ちょうどイイ手だったっす。
[PR]
by yuko-capricious | 2005-10-22 21:52 | 人生は上々だ