おやすみなさい。良い夢を。


by yuko-capricious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO その2

これまでのあらすじ:グッズにバッジにサインボール!もう大満足だ。ビールの美味い夏の日だなぁ。(こんなに短く書けるんだ…。前回長文すぎたな)
※注意書きは、その1参照。あと、セットリストは知らんです。
曲は覚えてるものが適当に並んでます。

~8月19日 ついにRSRスタートの巻~

大事な荷物たちは、駐車場(徒歩15分)に戻り車に積んどく。
やっぱり身軽じゃないとね~。さぁ!いよいよくるわよ~!!
私達はSUN STAGEが見える、レジャーサイト後方のやぐら(?)に陣取る。
もちろんビールも一緒さ!!

ゴミについての問題や、フェス中の注意、そして開催の挨拶!
ついにカウントダウンだ!5・4・3・2・1…!!!

「東京スカパラダイスオーケストラ」
カウントダウン後に現れたのは、青いスーツに身を包んだ男達!
スタンディングゾーンもレジャーサイトも、踊る踊る!
すごい砂煙!そんなんかまってられかー!!踊れ踊れ~ぃ!!

私は夜にしかスカパラを見たことがないので、こんな明るい時間になんて…
すっげーイイ!!!楽しーー!!かっこいいじゃないかぁぁぁ!!
誰も知らない新ステップで踊りまくる事、約1時間。
サイコーだ!汗だくだ!!
時が過ぎるのは早いもので、スカパラは去って行った。
もっと躍らせてよ~!!行かないでおくれー!!

…はっ!!いかんいかん。このあとすぐ、バンハズ…否、EMANONだわっ♪
てなわけで、スカパラとビールに別れを告げ、目指すはEARTH TENT!!

友人はすでに疲れ気味。テントの外のモニターで見るとのこと。
私は一人テント内へ。
運良く、民生側の前の方に行けたわーっ!わおっ!嬉しい♪
さぁ来い!バンハ…否、EMANON!!

「THE BAND HAS NO NAME」
出てきた!やっぱりアロハに麦わらだ~♪
「こんにちはー!THE BAND HAS NO NAMEでぇーっす!」
…おーい、EMANONはどこいった?
ぅおー!ギターの犬だー!!
私のスイッチ入った!ノリにノってまうぞ!!

「石狩ぃぃぃーーーー!!」
「ライジングサーーーン!!」

来たっ!やべぇ、かっこいい!!
よし、今こそ筋トレの成果を出すのじゃ!!
拳をあげるのだっっ!!んで、ガッツポーズじゃ!!(どこ鍛えたんだよっ!?)
ヤックが「5人中3人が道産子です!」
盛り上がるテント内!なぜか民生もガッツポーズで「ぃえーーい!」

ああ、最高だ。時よ、たまには止まってみておくれよ…。
なんか私幸せだよぉぉぉ!!!!

Blue Boy!!何度聴いても大興奮!!あっついなぁ~。
Rain Song!!雨降らなかったなぁ。良かったなぁ~

そんなわけで、やっぱり時が経つのは早いもので…。
汗でビジャビジャなTシャツと音にやられた左耳を連れて、
今度はGREEN OASISへ行かねばならんのじゃ。

あ…あれ?土砂降りじゃないか!!全然気づかなかった!
友人の話しでは、割と早いうちから降りだしたそうだ。
じゃあ、Rain Songん時にゃ、降ってたのかい?
く~~、汗の後に雨!熱いんだか寒いんだかわかんねーよぉ!

ポカリで水分補給!ちょいと休憩した後、目指すはGREEN!!

「detroit7」
GREENについた時は、まだ音のチェック中。
あらまー!メンバー自ら音合わせてるよ!なんか得した気分。

実はよく曲は知らないのですが、楽しかったー!!
ただただ、菜花がかっこよかった~!
また機会があったらみてみたいっす。

雨は降ったりやんだりしながら、夜を迎えた。

さ、まだ観にいくぞ!そのビールを飲んだら、
次はまたEARTHに戻るのだ。

「電気グルーブ×スチャダラパー」
しまった。呑気しすぎだった。
TENT前はすでに人だかり!!入場規制がかかった!
っく~、やっぱりか…。予想はしてたけど、中にはもう入れない。
ま、ちょうど疲れてきたし、外で飲みつつ座りながらモニターを見る。

おお!瀧!!ステキだ!
瀧瀧!アニアニ!なんてコールして、楽しかったが
すでに疲労とアルコールで身体がついていかない…。情けないっす。

車に戻り、寝ることにした。さらばじゃ。zzz…。

…友人が小声で私を起こす。「ギューゾー観にいこー」
…ん?なに?ああ!!そうだった!今日はまだ終わってない!!
ダンナ小柳が観たいっっ!!急げ!目指すはRED STAR FIELDだっ!!

「電撃ネットワーク」
いきなりの爆音に驚いて、7cm飛び上がる。
赤いつなぎの男達の登場!!会場が一体となり、あの踊り!!
ドライアイス食べる!!
ケツ筋で割れる蛍光灯!!
悪にやられるミルクマン!!
手に持つロケット花火!!そして客席に飛び込むロケット花火!!
ビビる客!そして「お前のビビりのせいで、明日苫小牧(高校野球)は
負けるのだ!」と…。客席からはブーイング!
やばい。どれをとっても楽しすぎる!!
最高だっ!!!
奴らは悪ふざけ集団なんかじゃない。
最高のエンターテイナー。パフォーマーだっ!
最後はトイレットペーパーが空に舞った。

興奮状態で車に戻る。
最高だ、最高だ…とうわごとのようにつぶやきながら。

やべー!!全然眠れないっっ!!
だんだん夜が明けてきた。フェスはまだまだ続くのにぃ!!

結局殆ど眠れず、朝を迎えたのでした…。
[PR]
by yuko-capricious | 2005-08-21 20:47 | 人生は上々だ