おやすみなさい。良い夢を。


by yuko-capricious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

それは「見捨てた」とは言いません。

ふふ…。

今日も仕事の話だぞ!ふふ…


以前 とある有名占い師がさ、
テレビで とある有名タレント(司会者?)の
親の介護について占っていたって話を聞いた。

私はその番組を見ていないんだけど、

聞いたところによると
その占い師はこう言ったらしい。

「親の介護は子供がするもんだ。」
「介護職なんていう金儲け目当てはダメ!」
「そんなもんに頼る、お前が悪い!」
というような内容だったらしい^^;

んなの占いでも何でもないじゃん。


古くからの慣習でしょ?


いやまぁ、確かに私は金儲けの為の介護だよ^^;
だって仕事だもの。

おかげさまで、大好きな野球やライブにも

行けますとも( ̄^ ̄)!!!



だけどさぁ…

そんな有名占い師の言葉ってどうよ?
結構影響大きいんじゃないの?
占い好きな人多いよね?私の周りだけじゃないよね。


親を看たいと思いつつ、看られない家族の多いこと…。
夫を、妻を、看たいと思っても、出来ないケースもあるし。

その方たちに
「ダメ」ってレッテル貼るのっておかしい。


四六時中同じ話を繰り返し、
勝手に外に出て行方不明になったりしてさ。


そばにいないから、
不安でたまらなくなって家族を探して外に出ることを
行動障害(のうちの徘徊)とか言われちゃったりしてさ。


これまで自分が知っていた姿とは
異なる姿になってしまうことが多々ある。

これは相当なショックだと思う。



そもそも、
昔は寿命が50年程度だったわけで、
その時と変わらない体を
70、80年と酷使するわけだから、
どこかに異変が起きても不思議ではないでしょう。


寿命が伸びたんだから、
介護する期間も伸びた。

昔は数年だった期間が
何十年って単位に変わった。


看たい気持ちがあっても、
看られない環境って、あると思う。

だって、自分の生活だってあるわけだし。

老々介護になってしまうケースも少なくない。
70才の子供が90才の親の介護してたりするのよ。
80才の妻が85歳の夫を看てたりするのよ。
体力的にも厳しいでしょ。


やはり
「子が親を看る」「家族が看なきゃ!」って慣習が
介護職を低くしてしまっているんじゃないかな?
って思います。

ま、確かに
ご本人にとっても、やはり家族が一番安心できると
思いますが^^;

施設に頼る事は「姥捨て山」ではないって事に
気づいていただきたいです。

施設に頼る事で、
明日からの介護に力を蓄える事も出来るんだから。
[PR]
by yuko-capricious | 2008-11-19 21:43 | yukoは考える